コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メルバ Melba, Dame Nellie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルバ
Melba, Dame Nellie

[生]1861.5.19. リッチモンド
[没]1931.2.23. シドニー
オーストラリアのソプラノ歌手。本名 Helen Armstrong,旧姓 Mitchell。6歳のときリッチモンド公会堂で歌ったが,その後ピアノ,オルガン,音楽理論を学び,1882年 C.アームストロングと結婚後,声楽家に転向した。 86年にロンドンに行き,さらにパリで M.マルケージ夫人に師事,87年にブリュッセルでデビューした。その後スカラ座,メトロポリタン,コベントガーデンなど欧米の歌劇場でコロラトゥーラ・ソプラノの美声を聞かせ,1918年にイギリスからデイムの称号を得た。 26年以降は母国でメルボルン音楽院の学長をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

メルバ【Nellie Melba】

1861~1931) オーストラリアのソプラノ歌手。ロンドンのコベント-ガーデン劇場のプリマ-ドンナとして活躍。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルバ
めるば
Nellie Melba
(1861―1931)

オーストラリアのソプラノ歌手。本名Helen Porter Mitchel。幼少時から美声の持ち主として知られたが、離婚を機に声楽家になることを決心、1886年にロンドン、ついでパリで声楽を学ぶ。87年にブリュッセルでデビュー。この際故郷メルボルンをもとにメルバという芸名を称した。翌88年以降ロンドン、パリ、ペテルブルグなどの主要歌劇場で歌い大成功を博した。以後1920年代まで、当代随一のコロラトゥーラ・ソプラノとして、ロンドンのコベント・ガーデン王立歌劇場を中心に、1926年に引退するまで世界各地で活躍、澄みきった美声と卓抜な技巧でオペラ・ファンを魅了した。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メルバの関連キーワードマコーレー(1st Baron Macaulay Thomas Babington Macaulay)ラッセル(John Russell 1st Earl Russell)グレー(Charles Grey 2nd Earl Grey)アブラハム[ナルボンヌ]パトリース ラッシェンスプレンクトポルテンシュテッヘルベルクビクトリア[女王]クリーミーショコララウターブルンネンランズダウン(侯)バリバラト国立公園カーティス アミービクトリア(女王)ウィリアム(4世)選挙法改正(英国)コベントガーデンメルバーン(子)アームストロングゼンメルバイス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android