コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メロビング美術 メロビングびじゅつ

1件 の用語解説(メロビング美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メロビングびじゅつ【メロビング美術】

フランク王国のメロビング朝(5世紀末~8世紀中葉)の美術で,後の西ヨーロッパ美術を方向づけた。古代末期ローマ美術の伝統とゲルマン美術の抽象的感覚,さらに東方の影響が混在する。 まず工芸では,光や色彩に対する特別な執着と民族特有の抽象文様装飾趣向から,金や宝石による印象的な配色の豪華な装身具や武具,荘厳な宗教的器物などを残した。とくに東方起源の仕切り象嵌(ぞうがん)の技術が発展し,巧妙な細工はヒルデリヒ1世の墓(トゥールネ)出土の剣(480ころ)などにみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メロビング美術の関連キーワードカロリング朝宮宰西フランク王国東フランク王国フランク王国フランク族ベルダン条約メロビング朝ランゴバルドクロビス一世

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone