コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノチス モノチス Monotis

4件 の用語解説(モノチスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モノチス
モノチス
Monotis

二枚貝綱モノチス科の代表属。両殻はほぼ同形の種類と,左殻凸で右殻が平らな種類とがある。殻は薄く,放射肋が発達している。 鉸縁は直線状。右殻の足糸孔は小さいが深い。小耳は斜め前方に出る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モノチス(〈ラテン〉Monotis)

中生代三畳紀後期に栄えた海生の二枚貝。貝殻は楕円状で薄く、殻頂から放射肋(ほうしゃろく)が走る。重要な示準化石

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モノチス【Monotis】

三畳紀に栄えた絶滅二枚貝の1属でモノチス科Monotidaeを代表する。1830年にH.G.ブロンによって名づけられた。殻はきわめて薄く,楕円形で前傾し,左殻は右殻よりも強くふくらむ。右殻に小さな突出した前耳があり,その下に明瞭な足糸湾入がある。通常複数のオーダーの放射肋をもつが,時代とともに肋数が減じ,ついには表面がほとんど平滑となる。形態,産状からみて,浮遊海藻に付着して生活したと考える学者もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モノチス【Monotis】

軟体動物の二枚貝類の一属。海生。中生代三畳紀後期の示準化石となっている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モノチスの関連キーワードトリゴニア蘆木三角貝唇弁直角石二枚貝片し貝三畳系テコドントキノグナツス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone