コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モホロビチッチ Mohorovičić, Andrija

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モホロビチッチ
Mohorovičić, Andrija

[生]1857.1.23. オーストリア帝国,ボロスコ
[没]1936.12.18. ユーゴスラビア王国,ザグレブ
ユーゴスラビアの地震学者。プラハ大学で数学,物理学を修める。このときエルンスト・マッハにも学んだといわれる。中学校の教師を経て 1882年王立海員学校教授となり,気象学海洋学を講じた。1909年頃,近距離の地震記録を整理して,大陸の下では平均約 35km,海洋底では 5~10kmの深さに弾性波速度の不連続面があることを示唆した。これはのちにモホロビチッチ不連続面と命名された。1898年ユーゴスラビア科学アカデミー会員,1918年同書記。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モホロビチッチ
もほろびちっち
Andrija Mohorovii
(1857―1936)

クロアチア、ユーゴスラビア王国地震学者。クロアチアのオパティヤ近くのボロスコに生まれる。プラハ大学を卒業し、ザグレブ大学教授となった。1909年に、地下浅所で発生した地震についての走時の研究から、地下約50キロメートルの所に、地震波の速度が急に変わる不連続面が存在することを発見した。この不連続面については、その後、息子のステパンStjepan Mohorovii(1890―1980)をはじめ数多くの学者が研究している。地殻と上部マントルとを区別する重要な面である。この面を彼の名をとってモホロビチッチ不連続面、または略してモホ面という。[藤井陽一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モホロビチッチの関連キーワードA. モホロビチッチ超深層学術ボーリング地球の物理的性質モホロヴィチッチオフィオライトモホール計画リソスフェアモホ不連続面深海掘削計画地球内部構造地球の構造マントル深海底物理学モホ面海底地殻

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android