コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モホロビチッチ モホロビチッチMohorovičić, Andrija

2件 の用語解説(モホロビチッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モホロビチッチ
モホロビチッチ
Mohorovičić, Andrija

[生]1857.1.23. オーストリア帝国,ボロスコ
[没]1936.12.18. ユーゴスラビア王国ザグレブ
ユーゴスラビアの地震学者。プラハ大学で数学,物理学を修める。このときエルンスト・マッハにも学んだといわれる。中学校の教師を経て 1882年王立海員学校教授となり,気象学,海洋学を講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モホロビチッチ
もほろびちっち
Andrija Mohorovii
(1857―1936)

クロアチア、ユーゴスラビア王国の地震学者。クロアチアのオパティヤ近くのボロスコに生まれる。プラハ大学を卒業し、ザグレブ大学教授となった。1909年に、地下浅所で発生した地震についての走時の研究から、地下約50キロメートルの所に、地震波の速度が急に変わる不連続面が存在することを発見した。この不連続面については、その後、息子のステパンStjepan Mohorovii(1890―1980)をはじめ数多くの学者が研究している。地殻と上部マントルとを区別する重要な面である。この面を彼の名をとってモホロビチッチ不連続面、または略してモホ面という。[藤井陽一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モホロビチッチの関連キーワード接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門長崎(市)プラン問題藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone