コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモイロサンゴ Corallium elatius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モモイロサンゴ
Corallium elatius

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目サンゴ科。高さ,幅とも 1mに達する群体をつくる大型種。群体は樹枝状で,一平面に密に分枝し,やや長い小枝を出している。小枝は互いに融合することもある。全体に朱色を帯びた厚い外皮で覆われ,末端は淡色となるが,ときに全体が淡黄色のものもある。骨軸は石灰質からなり,根部では直径 6cmの太さになる。紀伊半島沖,高知県沖,五島列島小笠原諸島タイワン(台湾)近海の水深 200~300mの海底に分布する。サンゴのなかでは最も高価で,アカサンゴシロサンゴとともに貴重サンゴと呼ばれ,骨軸が装飾品などの細工物に使われる。(→刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モモイロサンゴ
ももいろさんご / 桃色珊瑚
[学]Coralliun elatius

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ヤギ目骨軸亜目サンゴ科に属する海産動物。南日本の太平洋沿岸から台湾にかけて分布する。群体は樹状で、ほぼ一平面に扇状に分岐する。サンゴ類では最大の種で、大きな群体では高さ、幅とも1メートルにも達し、根部における骨軸の直径は約6センチメートルに達する。群体には表裏があり、表面には通常、個員および細枝が出る。一平面状に広がるが、なお裏面方向にやや反り返る。また枝は至る所で癒着し、端部の枝ほど小枝を多く出す。アカサンゴ、シロサンゴより深い所に産し、紀州地方、四国、九州南岸の水深数百メートルの岩礁の崖(がけ)に固着する。骨軸は桃色で、各種の細工用に用いられ、品質はアカサンゴ、シロサンゴよりも優れ、サンゴ類のなかではもっとも珍重される。[内田紘臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモモイロサンゴの言及

【サンゴ(珊瑚)】より

…広義には六放サンゴ亜綱のイシサンゴ類やツノサンゴ類,ヒドロ虫綱のギサンゴ類などが含まれる。広義のサンゴは一般に暖海に産するが,アカサンゴやモモイロサンゴなどのいわゆる〈本サンゴ〉は水深200m内外の海底に着生し,イシサンゴ類は水深10mくらいまでの浅海に広がっている。 八放(八射)サンゴ類にはクダサンゴウミトサカ,アカサンゴ,イソバナヤギウミエラなどが含まれる。…

※「モモイロサンゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

モモイロサンゴの関連キーワードエノシマサンゴコーラルレッドサンゴ(珊瑚)日本のサンゴ漁クロサンゴ宝石サンゴ腔腸動物宝石珊瑚珊瑚色ヤギ類珊瑚