モラトリアム人間(読み)モラトリアムニンゲン

百科事典マイペディアの解説

モラトリアム人間【モラトリアムにんげん】

ここでいうモラトリアムとは,アイデンティティ(自我同一性)の確立を先送りにする心理的猶予期間のこと。こうした状況にある人をモラトリアム人間という。 精神分析家E.エリクソンが提唱した〈青年期モラトリアム〉によって,世界的に認知された。日本では1978年,フロイト精神分析学派の第一人者・小此木啓吾によって書かれた《モラトリアム人間の時代》の大ヒットによって,一般的に使われるようになった。類似の概念として,1983年に米国の実存心理学者ダン・カイリーが提唱した〈ピーター・パン・シンドローム〉がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

モラトリアムにんげん【モラトリアム人間】

〔モラトリアムの意から〕
自己形成の状態にとどまり、既成の大人社会に同化できないでいる人間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android