コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小此木啓吾 おこのぎけいご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小此木啓吾
おこのぎけいご

[生]1930.1.31. 東京
[没]2003.9.21. 東京
精神科医。1954年慶應義塾大学医学部を卒業。1976年同大学助教授,1990年教授に就任。日本人で初めてウィーン精神分析研究所に留学し,日本の精神分析学の草分けといわれる古沢平作に師事。精神分析医として治療にあたる一方で,ジグムント・フロイトから現代までの精神分析学を幅広く研究した。同時に,精神分析の日本への定着にも尽力,新聞,雑誌,書籍などで精神分析学を土台とした現代社会論を展開した。1977年には,豊かな社会に育ち,社会人としての当事者意識がなく,大人になりたがらない当時の若者を「モラトリアム人間」と規定した論文を雑誌『中央公論』に発表。翌 1978年に出版した『モラトリアム人間の時代』はベストセラーとなった。1986年に日本精神分析学会会長に就任。(→精神分析モラトリアム

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小此木啓吾 おこのぎ-けいご

1930-2003 昭和後期-平成時代の精神医学者。
昭和5年1月31日生まれ。平成2年慶大教授となる。7年東京国際大教授。精神分析学や家族精神医学の研究などで知られ,「モラトリアム人間の時代」「日本人の阿闍世コンプレックス」「一・五の時代」などの著書や,「ピーターパンシンドローム」などの訳書がある。日本精神分析学会会長。平成15年9月21日死去。73歳。東京出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小此木啓吾の関連キーワードモラトリアム(心理学)心の病気の症候群集団ヒステリーフロイト主義ナルシシズム木村奈保子自我心理学自我同一性反復強迫防衛機制初期経験遊戯療法青年期同一視憎しみ罪悪感エス衝動

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小此木啓吾の関連情報