コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルジブ もるじぶMaldives

翻訳|Maldives

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルジブ
もるじぶ
Maldives

インド洋北部、セイロン島(スリランカ)の南西600キロメートルに浮かぶモルジブ諸島からなる国。正称はモルジブ共和国Republic of Maldives。モルディブマルディブマルダイブともいう。北緯7度から赤道直下まで、820キロメートルにわたって点在する約1200の島より構成される。面積298平方キロメートル。このうち約200島に29万8968(2006センサス)の人が住む。首都はマレ島のマレ。島々の周囲には巨大なサンゴ環礁が存在する。地方行政区は政府直轄の首都マレと、この環礁を単位としたファディフォル、ムラク、アドゥーなど20の行政区とに分けられている。島々は標高6メートルに満たない低平な地形をなしヤシ林に覆われる。1992年の国連環境開発会議で、大統領ガユームが地球温暖化による海面上昇の危険について各国の支援と協力を要請した。年平均気温28℃の熱帯気候で、1~4月に弱い乾期がみられる。
 16世紀にはポルトガル、17世紀にはオランダの植民地となり、18世紀末からイギリスの支配を受け、1887年にセイロンの属島としてイギリス領となった。1948年セイロンの独立に伴いイギリス保護領となり、1965年に独立、国連に加盟した。1968年に君主制から共和制に移行。1978年、初代大統領のナシルにかわって大統領に就任したガユームが6期30年にわたって長く大統領を務めてきた。2008年8月には基本的人権、言論の自由、複数政党制などを初めて定めた民主的な新憲法が制定された。同年10月に新憲法下での大統領選挙が行われて、決戦投票のすえにガユームを破ったナシードが大統領となった。大統領の任期は5年。議会は一院制で議席数は50、任期は5年。大統領が指名する8議席に、首都マレと全国の20環礁行政区からおのおの2議席選出される42議席からなる。
 おもな産業は観光と漁業で、政府は観光開発と漁業の近代化に力を入れている。ヨーロッパや日本からの観光客も増加し、2007年には67万6000人の観光客が訪れ、約4億9300万ドルの観光売上げを記録した。島の産物はココヤシ、パンノキの実、果実のほか、モルジブ・フィッシュとよばれる魚の乾物など魚貝類が多く、ヤシ細工とともにスリランカやインドのマラバル海岸方面へ輸出される。主食の米や、砂糖、小麦粉、機械類は輸入に頼っている。国内総生産(GDP)は10億4900万ドル(2007)、1人当り国民総所得(GNI)は3200ドル(2007)、貿易額は輸出1億3560万ドル、輸入9億2650万ドル(2006)で、おもな輸出相手国はタイ、日本、スリランカ、イギリス、輸入相手国はシンガポール、アラブ首長国連邦、インド、マレーシアなどである。第二次世界大戦後には、日本漁船が多く入港するようになり、日本の水産会社が缶詰、冷凍工場を設立した。なお、南端のアドゥー島にあったイギリス海軍基地は1976年撤去された。
 住民は、マレー系のモルジブ人とドラビダ人やアラブ人の混血で構成されている。言語は、スリランカのシンハラ語から派生したディベヒ語で、文字は右から左へ読む。宗教は古くは仏教であったが、のちにイスラム教が伝わり、1116年にはイスラム王国となり、現在もイスラム教を国教としている。出生率は19.5%(2006)、人口増加率1.6%(2000~2006平均)で、0~14歳人口は32.8%(2005)と若年人口の比率が高い。小学校入学は6歳以上からであるが義務教育制度はない。教育施設、教員の不足などによって就学率が低かったが、国家開発計画の進行により初等教育就学率は79%(2004)に達した。[林 正久]
『トール・ヘイエルダール著、木村伸義訳『モルディブの謎』(1995・法政大学出版局) ▽三好和義著『モルディブ――青い楽園』(1999・小学館) ▽辛島昇他監修『南アジアを知る事典 新訂増補』(2002・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

モルジブ(Maldives)

インド洋北部のモルジブ諸島からなる共和国。首都は北マレ環礁のマヘ島にあるマレ。約2000のサンゴ礁の島があり、215島に人が住む。カツオ漁が盛ん。ココナツ・ヤシ細工も産する。英国の植民地から1965年に独立、1968年に共和制英連邦加盟国。人口40万(2010)。モルディブ。マルディブ。ディベヒラージェ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

モルジブ

モルディブ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モルジブ【Moldives】

正式名称=モルジブ共和国Divehi Jumhuriyya∥Republic of Maldives面積=298万km2人口(1996)=26万6000人首都=マーレMale(日本との時差=-4時間)主要言語=ディベヒ語通貨=ルフィヤRufiyaaインド洋の東経73゜に沿って,北緯7゜から南緯0゜の約850kmにわたって散在する19の環礁(アトールatoll)を構成する約1200の群島よりなる国家。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルジブ
Maldives

正式名称 モルジブ共和国 Divehi Jumhuriyya。
面積 298km2
人口 32万5000(2011推計)。
首都 マレ

インド洋北部,スリランカ (セイロン) の西方から南西方にあるモルジブ諸島を国土とする国。8度水道 (北緯8°) によってかぎられる北端から,南端のアドゥ環礁 (南緯0°42′) まで,約 900kmの間に散在する 1087のサンゴ礁島からなる。住民はマレー系のモルジブ人がおもで,イスラム教徒が多い。公用語はスリランカの南半分で話されるシンハラ語に似たディベヒ語で,最初の定住民は,おそらく6世紀初め頃スリランカから移住した仏教徒であったと考えられている。 16世紀中頃からヨーロッパ人の侵略が始まり,最初ポルトガル,17世紀にオランダ,17世紀末にイギリスの支配下に入った。 1932年から立憲君主制を施行,1948年スリランカ独立に伴いイギリス保護領となり,1965年独立して国際連合に加盟。 1968年新憲法を施行して共和国となった。全域が熱帯気候に属し,高温多湿で,年平均気温は約 27℃。季節による違いはほとんどない。住民の過半数は漁民で,カツオ,マグロおよびその干魚がスリランカ,日本などに輸出されている。漁業以外では,ヤシ油,コプラの生産と造船が重要。観光業も急速に発展している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モルジブの関連キーワードラージャラージャ[1世]ラージャラージャ1世ガーフアリフ環礁ガーフダール環礁マレ(モルジブ)フクルミスキーハーダール環礁ハーアリフ環礁シャビヤニ環礁ファーフ環礁ラスドゥ環礁チャゴス諸島ウティーム島ラビヤニ環礁ビリンギリ島クラマティ島アッドゥ環礁ヌーヌ環礁フルマレ島ミニコイ島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モルジブの関連情報