まれ(読み)マレ

デジタル大辞泉の解説

まれ

[連語]《係助詞「も」にラ変動詞「あり」の命令形の付いた「もあれ」の音変化》…であっても。…でも。多く「…(に)まれ…(に)まれ」の形で用いる。
「彫像師に―、画工に―、まず其工(たくみ)をなすにあたりて」〈逍遥小説神髄
「君てへば見―見ず―富士の峯(ね)のめづらしげなく燃ゆる我が恋」〈古今・恋四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

まれ

NHKのドラマシリーズ「朝の連続テレビ小説」の作品のひとつ。2015年3月~9月放映。脚本:篠崎絵里子。出演:土屋太鳳、大泉洋、常盤貴子、山崎賢人(山崎の「崎」は正確には“たつさき”)ほか。夢追い人の父親を反面教師として、堅実な区役所職員の道を選んだヒロイン・希(まれ)が、やがて自分自身の夢に向き合い、洋菓子職人として成長していく姿を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

まれ

( 連語 )
〔係助詞「も」に動詞「あり」の命令形「あれ」の付いた「もあれ」の転〕
…であろうと。…であっても。…でも。多くの場合、「…(に)まれ…(に)まれ」の形で用いられる。 「きみといへば見-見ず-富士の峰のめづらしげなく燃ゆるわが恋/古今 恋四」 「人に-鬼に-かへし奉れ/源氏 蜻蛉」 「然らずは、是へ-御幸をなしまゐらせん/平家 2」 〔現代語でも時に用いられることがある。「何に-まぶしく目を射るものをすべて携へた/仮面の告白 由紀夫」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

まれ

2015年度前期NHK朝の連続テレビ小説。15年3月30日から9月26日まで放送予定。脚本は篠﨑絵里子。石川県能登地方の輪島市と神奈川県横浜市を舞台に、土屋太鳳(つちやたお)扮するヒロイン・津村希(つむらまれ)が一流のパティシエを目指して奮闘する姿を描く。14年4月に制作発表会が実施され、同年7月より出演者の発表が順次行われている。希の両親を演じるのは、共に朝ドラ初出演の大泉洋と常磐貴子。ヒロイン役の土屋は、澤野弘之作曲のオープニングテーマ曲「希空~まれぞら~」のタイトルと作詞も手がけている。

(2015-2-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まれ

〘連語〙 (係助詞「も」に動詞「ある」の命令形「あれ」の付いた「もあれ」の変化したもの) 多くの場合「…(に)まれ…(に)まれ」の形で用いられる。…(で)あろうと。…でも。
※古今(905‐914)恋四・六八〇「きみといへば見まれ見ずまれ富士の峯のめづらしげなく燃ゆる我恋〈藤原忠行〉」
※平家(13C前)二「然らずは、是へまれ御幸をなしまいらせむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まれの関連情報