コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンタギュー文法 モンタギューぶんぽうMontague grammar

1件 の用語解説(モンタギュー文法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モンタギューぶんぽう【モンタギュー文法 Montague grammar】

モンタギュー文法は論理文法とも呼ばれ,1960年代の終りから70年代の初めにかけて,アメリカモンタギューRichard Montague(1930‐71)が発表した一連の論文に端を発する自然言語に対する新しい文法理論である。 モンタギュー文法考え方を説明するために,(1)The student is a man.(その学生は人間である)(2)Every man walks.(すべての人は歩く)(3)The student walks.(その学生は歩く)という三つの英文を取り上げてみよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone