モース硬度計(読み)モースこうどけい

  • モース硬度計 Mohs’ scale of hardness

百科事典マイペディアの解説

F.モース〔1773-1839〕が鉱物硬度をきめるために設定した基準。次の1組の鉱物を標準鉱物とし,これを基準に鉱物どうし互いにをつけあったときみられる相対的な硬さで硬度を定め,これをモース硬度と呼ぶ。硬度1から10までで順に滑石,セッコウ,方解石,蛍石,リン灰石,正長石,石英,黄玉,鋼玉,ダイヤモンド。身近にあるもので代用するときは,銅板3,ガラス5.5,小刀6。
→関連項目硬度

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツの鉱物学者F.モースにより考案された,鉱物の〈ひっかき硬度〉を簡単に測定する器具。硬度の異なった10種の標準鉱物により成り立っている。測定する場合は,標準鉱物で測定する鉱物の表面にひっかき傷がつくかかを確かめる。傷がつかない場合はさらに硬度の高い標準鉱物で傷がつくまで繰り返す。傷がついた場合は逆にその測定する鉱物で硬度計の標準鉱物の表面に傷がつくことを確かめてその鉱物の硬度とする。これは同一硬度の場合は先端を用いれば平面にひっかき傷をつけることができるからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android