コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モース硬度計 モースこうどけい

百科事典マイペディアの解説

モース硬度計【モースこうどけい】

F.モース〔1773-1839〕が鉱物の硬度をきめるために設定した基準。次の1組の鉱物を標準鉱物とし,これを基準に鉱物どうし互いにをつけあったときみられる相対的な硬さで硬度を定め,これをモース硬度と呼ぶ。
→関連項目硬度

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モースこうどけい【モース硬度計 Mohs’ scale of hardness】

ドイツの鉱物学者F.モースにより考案された,鉱物の〈ひっかき硬度〉を簡単に測定する器具。硬度の異なった10種の標準鉱物により成り立っている。測定する場合は,標準鉱物で測定する鉱物の表面にひっかき傷がつくか否かを確かめる。傷がつかない場合はさらに硬度の高い標準鉱物で傷がつくまで繰り返す。傷がついた場合は逆にその測定する鉱物で硬度計の標準鉱物の表面に傷がつくことを確かめてその鉱物の硬度とする。これは同一硬度の場合は先端を用いれば平面にひっかき傷をつけることができるからである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

モース硬度計の関連キーワード岩塩(データノート)真珠水石