コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モープー Maupeou, René-Nicolas-Charles-Augustin de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モープー
Maupeou, René-Nicolas-Charles-Augustin de

[生]1714.2.25. パリ
[没]1792.7.29. テュイ
フランスのルイ 15世時代の政治家。富裕な法服貴族の家に生れ,パリ高等法院裁判長職から,1768年大法官。財務総監 J.テレエギヨン公とともに「三頭政治」 triumviratを行い,特権身分に対する課税を含む財政改革に乗出し,71年反対する高等法院評定官 130人を追放し,王令登記権を含む高等法院の特権収奪と縮小,近代的官僚による政治を企てた。しかし,74年ルイ 16世が即位すると,高等法院派は巻返してその特権を回復し,モープーは引退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モープー【René Nicolas Charles Augustin de Maupeou】

1714‐92
フランスの政治家。パリ高等法院院長の息子として生まれ,自身も1763年より同じ職を務めた後,68年大法官に就任。ルイ15世の寵姫デュ・バリ夫人の支持を得て政敵ショアズールを失脚させ,財務総監テレー,外務卿エギュイヨンとともに三頭政治を形成した。彼は法服貴族の出であったが,王権の強化のためには特権身分の牙城である高等法院の力を制限することが必要と考え,71年より司法制度近代化のための改革に着手し,王権に特に反抗的な法官の追放,売官制によらず国王により任命される裁判官で構成される〈高等評定院〉の創設,それに伴う高等法院の管轄権縮小,謝礼の廃止による裁判の無料化などを行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

モープー

生年月日:1714年2月25日
フランスの政治家
1792年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

モープーの関連キーワードオルメッソン家生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android