モールメイン

世界大百科事典 第2版の解説

モールメイン【Moulmein】

ミャンマー南部,モン州の州都で,ミャンマー第3の都会。人口22万(1983)。面積54km2。サルウィン,ジャイン,アタラン3河川の合流点に位置し,ヤンゴンに次ぐ港湾都市でもある。1826年のヤンダボー条約に基づいてイギリス領となったが,大きく発展したのはモン族のダラ領主ウー・トーレーが住民2万を率いて移住してからである。市制施行は1874年。市街地は河口から45km上流のサルウィン川左岸にある。西のサルウィン川,北のアタラン川と東の山脈とに挟まれている関係で,市全体が細長い形をしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モールメイン
もーるめいん
Moulmein

ミャンマー(ビルマ)、モン州の州都。サルウィン川河口南岸の港湾都市で、マルタバルと相対する。人口39万5900(2003推計)。サルウィン川とそれに合流するジャイン川、アラカン川がつくる複合三角州平野の中心地である。港は河口沖合いのビルギュン島により夏の季節風からも守られる良港で、海運、内陸河川航運の結節点として重要である。米とチーク材のほかゴム、茶の輸出が多い。精米、製材、織物、陶磁器の在来工業と、造船、醸造の近代工業が行われる。1827年から52年まで、イギリス領ビルマの中心都市として成長した。その後モン人が大量に移住入植した結果、周辺はモン人の集中居住地となっている。バゴーから南下してくる鉄道は、マルタバン―モールメイン間は連絡船で結ばれ、さらに南方のイエまで延びている。丘の上にあるチャイタンラン・パゴダやウゼナ・パゴダは多くの参拝者を集める。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android