コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤエヤマムラサキ Hypolimnas antilope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤエヤマムラサキ
Hypolimnas antilope

鱗翅目タテハチョウ科。前翅長 38mm内外。黒色で前後翅表面外縁に2列の小白点が並び,先端付近には白色斑があるが,大小の変異が多く,まったく欠くものもある。雌は前翅表外半部に美しく輝く紫色斑があるが,雄ではこの光沢を欠く。成虫は夏から秋に多くみられ,ゆるやかに飛ぶ。本州以南の各地で採集記録があるが,迷チョウで,八重山諸島でも発生しない年があり,土着の確証がない。マレー半島スマトラ島ジャワ島,フィリピン,ボルネオ島スラウェシ島ニューギニアなどに広く分布する。日本産はフィリピン北部亜種 H. a. truentusと同じものとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤエヤマムラサキの関連キーワードゲンゴロウトタンヒシガニ合せガラスチューブ・ベルムカシトンボ(昔蜻蛉)ウスバシロチョウカワトンボ線材タイコウチ