コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコウガイ Turbo marmoratus; great green turban shell; marble shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤコウガイ
Turbo marmoratus; great green turban shell; marble shell

軟体動物門腹足綱サザエ科。高 18.5cm,殻径 20cmに達する大型種。殻は重厚堅固,螺塔は低く,体層が非常に大きくふくらむ。また肩,周縁,殻底には結節をつくる太い螺肋がある。殻表は黒褐色や黒緑色の地に濃褐色,黄白色の斑が交互にみられ,特に肋上で著しい。殻口は丸く,大きく,内面には強い真珠光沢がある。ふたは石灰質で厚く,白い。奄美大島以南の熱帯太平洋,インド洋に分布し,潮間帯下から水深 20mの岩礁にすむ。和名は屋久島でとれたことに由来し,古くヤクガイ (屋久貝) と称していたのが転じたものである。殻の表層を削って真珠層を出して螺鈿 (らでん) とし,また彫刻を施すなど,貝細工の材料となっている。肉は食用となる。近年,個体数が減少し,人工種苗の放流が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤコウガイ

リュウテンサザエ科の巻貝。高さ18cm,幅20cmほどで,殻は厚くて堅固。殻表は黒緑色で美しいため,古来貝細工や螺鈿(らでん)の材料にされた。奄美群島以南,西太平洋の潮間帯下〜水深30mの岩礁やサンゴ礁にすみ,海藻を食べている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤコウガイ
やこうがい / 夜光貝
green snailmarble turban
[学]Lunatia marmorata

軟体動物門腹足綱リュウテンサザエ科の巻き貝。奄美(あまみ)諸島以南の熱帯西太平洋、インド洋海域に広く分布する大形種で、潮間帯下の岩礁にすむ。殻高18.5センチメートル、殻径20センチメートルに達し、殻は重厚で堅固。螺塔(らとう)は低くて体層は大きく膨らむ。肩などに節のある太い螺肋(らろく)を生ずることもある。殻表は黒褐色または黒緑色の地に、濃褐色と黄白の斑(はん)が交互にある。殻口は大きくて丸く、内面は真珠光沢がある。臍孔(へそあな)はない。蓋(ふた)は石灰質で白く、丸くて厚く重い。昔はヤクガイ(屋久貝)の名でよばれていたのが転じてヤコウガイ(夜光貝)となった。また、アオガイ(青貝)とも称し、ボタンや螺鈿(らでん)の材料とする。また表皮を削って真珠層を磨き出したり、彫刻をするなどして、貝細工の材料にもする。肉は食用となる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤコウガイの関連キーワード小湊フワガネク遺跡水産工芸品奄美(市)面縄貝塚夜久貝請島青貝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android