コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナギウミエラ ヤナギウミエラ Virgularia gustaviana

2件 の用語解説(ヤナギウミエラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤナギウミエラ
ヤナギウミエラ
Virgularia gustaviana

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミエラヤナギウミエラ科。ウミヤナギとも呼ばれる群体は高さ 30~70cmで細長く,1本の骨軸を中心にして上部には多くの紫色の葉状体が並び,下部は柄部になって砂泥中に突き刺さっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤナギウミエラ
やなぎうみえら / 柳海鰓
[学]Virgularia gustaviana

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミエラ目ヤナギウミエラ科に属する海産動物。ウミヤナギ(沙箸)ともよばれる。北海道南西部以南、西太平洋からインド洋に広く分布する。群体は細長く通常30~40センチメートルで、全長にわたり四角の断面をもつ石灰化した硬い骨軸が走るために、幹部はつねに直立し、鞭(むち)状にしなることはない。幹部、柄部ともに橙(だいだい)色で、幹部両翼に突出する葉状体は紫色で美しい。三角形の葉状体上縁に200個以上の通常個員が並ぶ。管状個員は幹部の背面および各葉状体間に分布する。幹部には骨片を欠く。日本各地の水深3~30メートルの砂泥地に産する。近縁種のホソウミエラScytalium sprendensは、葉状体がよく発達し、幹部にビスケット状の骨片をもちヤナギウミエラと区別できる。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤナギウミエラの言及

【ウミヤナギ(海柳)】より

…花虫綱ウミヤナギ科の腔腸動物(刺胞動物)。別名ヤナギウミエラ。相模湾以南に分布し,10m以深の海底の砂泥中に朱色の柄部で直立している。…

※「ヤナギウミエラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤナギウミエラの関連キーワードハナヤサイサンゴ刺胞動物珊瑚八放珊瑚六放珊瑚サンゴ(珊瑚)造礁サンゴ(造礁珊瑚)ノウサンゴ(脳珊瑚)ハマサンゴ(浜珊瑚)六放サンゴ亜綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone