コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトカマス ヤマトカマス Sphyraena japonica; Japanese barracuda

2件 の用語解説(ヤマトカマスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマトカマス
ヤマトカマス
Sphyraena japonica; Japanese barracuda

スズキ目カマス科の海水魚。全長 35~40cm。他のカマス類同様体は細長く円筒形で,頭は細くとがる。下顎が突出し,鋭い歯がある。体色は背面が灰褐色で腹面は銀白色。腹鰭起部は第1背鰭起部の直下か,やや後方に位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマトカマス
やまとかます / 日本・日本
Japanese barracuda
[学]Sphyraena japonica

硬骨魚綱スズキ目カマス科に属する海水魚。北海道から九州南部までの太平洋、新潟から九州北部までの日本海、九州西岸、小笠原諸島、黄海、東シナ海南シナ海に分布する。吻(ふん)が長く突出し、第1鰓弓(さいきゅう)に1本の棒状の鰓耙(さいは)があり、第1背びれの基底前端が腹びれ始部の背方上か、それよりも前にあるのが特徴。体長は約25センチメートルになる。沿岸域から沖合いに生息し、おもに魚類、イカ類、甲殻類などを食べる。産卵は3~7月ごろに大陸棚縁辺から斜面で行われる。底引網などで漁獲され、漁獲量はアカカマスに次いで多い。肉は淡泊で、塩焼き、塩干品などにする。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤマトカマスの言及

【カマス】より

…スズキ目カマス科カマス属の3種アカカマスSphyraena pinguis(イラスト),ヤマトカマスS.japonica(イラスト),アオカマスS.nigripinnisの混称。いずれも本州中部以南の各地の沿岸に見られる。…

※「ヤマトカマス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマトカマスの関連キーワードアカカマス赤羽太鬼魳胡麻鯖虎鱚葉血引バラクーダアオカマスオニカマス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone