コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトカマス Sphyraena japonica; Japanese barracuda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマトカマス
Sphyraena japonica; Japanese barracuda

スズキ目カマス科海水魚。全長 35~40cm。他のカマス類同様体は細長く円筒形で,頭は細くとがる。下顎が突出し,鋭い歯がある。体色は背面が灰褐色腹面銀白色。腹鰭起部は第1背鰭起部の直下か,やや後方に位置する。各鰭は淡色であるが,尾鰭後縁は黒い。本州中部以南からインド洋の沿岸に分布する。刺網定置網で漁獲される。肉は白身で淡白,旬は夏で塩焼きや干物にして美味。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマトカマス
やまとかます / 日本・日本
Japanese barracuda
[学]Sphyraena japonica

硬骨魚綱スズキ目カマス科に属する海水魚。北海道から九州南部までの太平洋、新潟から九州北部までの日本海、九州西岸、小笠原諸島、黄海、東シナ海、南シナ海に分布する。吻(ふん)が長く突出し、第1鰓弓(さいきゅう)に1本の棒状の鰓耙(さいは)があり、第1背びれの基底前端が腹びれ始部の背方上か、それよりも前にあるのが特徴。体長は約25センチメートルになる。沿岸域から沖合いに生息し、おもに魚類、イカ類、甲殻類などを食べる。産卵は3~7月ごろに大陸棚縁辺から斜面で行われる。底引網などで漁獲され、漁獲量はアカカマスに次いで多い。肉は淡泊で、塩焼き、塩干品などにする。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤマトカマスの言及

【カマス】より

…スズキ目カマス科カマス属の3種アカカマスSphyraena pinguis(イラスト),ヤマトカマスS.japonica(イラスト),アオカマスS.nigripinnisの混称。いずれも本州中部以南の各地の沿岸に見られる。…

※「ヤマトカマス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマトカマスの関連キーワード魳・梭魚・魣・梭子魚アオカマスバラクーダ底引網