コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトラノオ

2件 の用語解説(ヤマトラノオの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤマトラノオ

ゴマノハグサ科の多年草。本州〜九州,東アジアの山地の草原にはえる。茎は高さ40〜80cm,葉は対生し,披針形で長さ5〜10cm。夏〜秋,茎頂に長い花穂をつけ多数の青紫色の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマトラノオ
やまとらのお / 山虎尾
[学]Pseudolysimachon rotundum (Nakai) Yamaz. var. subintegrum (Nakai) Yamaz.

ゴマノハグサ科の多年草。茎は株立ちとなって直立し、高さ40~90センチメートル。葉は対生し、広披針(こうひしん)形で長さ約8センチメートル。8~9月、頂に長い穂状花序をつくり、青紫色花を密に開く。草地に生え、本州から九州北部、および朝鮮半島、中国に分布する。本種によく似るヒメトラノオは葉の細い型で、中部、関東地方にみられる。ヤマトラノオ属は北半球に約30種分布し、いずれも穂状の花序をもつ。近縁のクワガタソウ属Veronicaとは、染色体の基本数の違い、花冠の筒部が長いことなどから区別される。[久保多恵子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤマトラノオの言及

【ルリトラノオ】より

…栽培品は野生品より全体に大きく,花穂は長さ40cmになる。近縁のものにヤマトラノオP.rotundum (Nakai) Yamazaki var.subintegrum (Nakai) Yamazakiがある。ルリトラノオより花はやや小さく,花冠裂片は長楕円形である。…

※「ヤマトラノオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマトラノオの関連キーワードヨモギ藺草海蘭小米草胡麻の葉草鷺苔岩袋塩竈菊雛の臼壺姫鍬形

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone