コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトラノオ

百科事典マイペディアの解説

ヤマトラノオ

ゴマノハグサ科の多年草。本州〜九州,東アジア山地草原にはえる。茎は高さ40〜80cm,葉は対生し,披針形で長さ5〜10cm。夏〜秋,茎頂に長い花穂をつけ多数の青紫色の花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマトラノオ
やまとらのお / 山虎尾
[学]Pseudolysimachon rotundum (Nakai) Yamaz. var. subintegrum (Nakai) Yamaz.

ゴマノハグサ科の多年草。茎は株立ちとなって直立し、高さ40~90センチメートル。葉は対生し、広披針(こうひしん)形で長さ約8センチメートル。8~9月、頂に長い穂状花序をつくり、青紫色花を密に開く。草地に生え、本州から九州北部、および朝鮮半島、中国に分布する。本種によく似るヒメトラノオは葉の細い型で、中部、関東地方にみられる。ヤマトラノオ属は北半球に約30種分布し、いずれも穂状の花序をもつ。近縁のクワガタソウ属Veronicaとは、染色体の基本数の違い、花冠の筒部が長いことなどから区別される。[久保多恵子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤマトラノオの言及

【ルリトラノオ】より

…栽培品は野生品より全体に大きく,花穂は長さ40cmになる。近縁のものにヤマトラノオP.rotundum (Nakai) Yamazaki var.subintegrum (Nakai) Yamazakiがある。ルリトラノオより花はやや小さく,花冠裂片は長楕円形である。…

※「ヤマトラノオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマトラノオの関連キーワードゴマノハグサ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android