コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマボクチ

2件 の用語解説(ヤマボクチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤマボクチ

キク科の多年草。本州〜九州,朝鮮半島の温帯の日当りのよい山地にはえる。茎は高さ70〜100cm,上部は分枝し,葉は卵状長楕円形で長さ15〜25cm,裏面には白綿毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマボクチ
やまぼくち / 山火口
[学]Synurus palmatopinnatifidus (Makino) Kitam. var. indivisus Kitam.

キク科の多年草。高さ1メートルに達する。葉はゴボウの葉に似ており、裏面に白綿毛を密生する。9~10月、卵状球形の頭花をつける。山地の日当りのよい斜面に生え、愛知県以西の本州から九州にかけて、および朝鮮半島に分布する。葉がキクのように掌状に中裂するものをキクバヤマボクチといい、また葉が正三角形に近い矛形のものをハバヤマボクチという。火口は火をおこすときに使うものの名であり、ボクチとあるのは葉裏の白綿毛を火口に利用したことに由来する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤマボクチの言及

【オヤマボクチ】より

…若芽を餅にいれて食用とするし,根や若い茎も食べられる。オヤマボクチは葉の裏の綿毛を火口(ほくち)に使ったため,その名がある。地方によって本種をヤマゴボウと呼ぶ。…

※「ヤマボクチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤマボクチの関連キーワード朝鮮半島トリガイバイヨモギ沢小車朝鮮鼬森薊キクフキヨメナ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマボクチの関連情報