コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマボクチ

百科事典マイペディアの解説

ヤマボクチ

キク科の多年草。本州〜九州,朝鮮半島の温帯の日当りのよい山地にはえる。茎は高さ70〜100cm,上部は分枝し,葉は卵状長楕円形で長さ15〜25cm,裏面には白綿毛がある。10〜11月,細長い枝の先に筒状花からなる頭花を横向きに開く。頭花は径3〜4cmで淡黄色ときに紅紫色。総包片は針状で外片は外に開く。全体やや大型のオヤマボクチは葉が広卵形,暗紫色の頭花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマボクチ
やまぼくち / 山火口
[学]Synurus palmatopinnatifidus (Makino) Kitam. var. indivisus Kitam.

キク科の多年草。高さ1メートルに達する。葉はゴボウの葉に似ており、裏面に白綿毛を密生する。9~10月、卵状球形の頭花をつける。山地の日当りのよい斜面に生え、愛知県以西の本州から九州にかけて、および朝鮮半島に分布する。葉がキクのように掌状に中裂するものをキクバヤマボクチといい、また葉が正三角形に近い矛形のものをハバヤマボクチという。火口は火をおこすときに使うものの名であり、ボクチとあるのは葉裏の白綿毛を火口に利用したことに由来する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤマボクチの言及

【オヤマボクチ】より

…若芽を餅にいれて食用とするし,根や若い茎も食べられる。オヤマボクチは葉の裏の綿毛を火口(ほくち)に使ったため,その名がある。地方によって本種をヤマゴボウと呼ぶ。…

※「ヤマボクチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマボクチの関連キーワードヒメシジミ富倉そば隈取火口モチグサ山火口山牛蒡這子綿菜

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android