コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユイグ ユイグ Huyghe, René

3件 の用語解説(ユイグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユイグ
ユイグ
Huyghe, René

[生]1906.5.3. アラス
[没]1997.2.4. パリ
フランスの美術史家,美術評論家。パリ大学で哲学を学び,1927年よりルーブル美術館に勤務,51年に絵画部名誉部長。コレージュ・ド・フランスの造形芸術心理学教授,60年アカデミー・フランセーズ会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユイグ

フランスの美術史家。アラス生れ。パリ大学に学び,ルーブル美術館絵画部長を経てコレージュ・ド・フランス教授。《ラムール・ド・ラール》《カドリージュ》の両誌を主宰して,旺盛な評論活動を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユイグ
ゆいぐ
Ren Huyghe
(1906―1997)

フランスの美術史学者、美術評論家。パリ大学で哲学を学び、のちルーブル美術館で研究。同館絵画部長となる。また『L'amour de l'art』『Quadrige』などの雑誌を主宰して評論活動も行う。さらにコレージュ・ド・フランスの教授として造形心理学を担当。20世紀のフランスにおける美術行政の指導者の一人で、アカデミー会員でもあった。ワトー、フェルメール、ドラクロワ、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホなどについての多くの著書があるが、主著は美術に関する博識と柔軟な感受性を示す『見えるものとの対話』(1955)。そのほかに『イメージの力』(1965)、『かたちと力』(1971)など。[鹿島 享]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユイグの関連キーワード粗苆エヌ三角数住荒らすフェアライン 3プラスフェアライン 3プラスクリップアラスカ岩アラスカ岩石英ピタゴラス数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユイグの関連情報