コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユイグ ユイグHuyghe, René

3件 の用語解説(ユイグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユイグ
ユイグ
Huyghe, René

[生]1906.5.3. アラス
[没]1997.2.4. パリ
フランスの美術史家,美術評論家。パリ大学で哲学を学び,1927年よりルーブル美術館に勤務,51年に絵画部名誉部長。コレージュ・ド・フランスの造形芸術心理学教授,60年アカデミー・フランセーズ会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ユイグ

フランスの美術史家。アラス生れ。パリ大学に学び,ルーブル美術館絵画部長を経てコレージュ・ド・フランス教授。《ラムール・ド・ラール》《カドリージュ》の両誌を主宰して,旺盛な評論活動を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユイグ
ゆいぐ
Ren Huyghe
(1906―1997)

フランスの美術史学者、美術評論家。パリ大学で哲学を学び、のちルーブル美術館で研究。同館絵画部長となる。また『L'amour de l'art』『Quadrige』などの雑誌を主宰して評論活動も行う。さらにコレージュ・ド・フランスの教授として造形心理学を担当。20世紀のフランスにおける美術行政の指導者の一人で、アカデミー会員でもあった。ワトー、フェルメール、ドラクロワ、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホなどについての多くの著書があるが、主著は美術に関する博識と柔軟な感受性を示す『見えるものとの対話』(1955)。そのほかに『イメージの力』(1965)、『かたちと力』(1971)など。[鹿島 享]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユイグの関連キーワード誘導尋問薄田宙哉公判自殺関与罪逮捕反対尋問児童雑誌家電リサイクル法浅田真央Flip Video

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユイグの関連情報