コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウレイボヤ ユウレイボヤCiona intestinalis

2件 の用語解説(ユウレイボヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユウレイボヤ
ユウレイボヤ
Ciona intestinalis

原索動物門尾索亜門ホヤ綱腸性目ユウレイボヤ科。体は高さ7~8cmの長い卵形で,下端は根のようになっていて,これで他物に固着する。上端には管状に伸びた入水孔が,そのやや下方には出水孔が開いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユウレイボヤ
ゆうれいぼや / 幽霊海鞘
[学]Ciona savignyi

原索動物門尾索(びさく)綱腸性目キオナ科の単体ボヤ。従来、日本のユウレイボヤ類はただ一種とされてきたが、最近の精査により、筋膜体の各側に普通6本の筋肉帯が縦走することなどの外見は酷似するが、内部形態の微細な差で明瞭(めいりょう)に区別できる2種、すなわち標記の種とカタユウレイボヤC. intestinalisとが生息することがわかった。交雑実験は成功していないので、両種は遺伝学的にも別種とみなしうる。北大西洋やオーストラリア周辺では後者だけであるが、日本のほかカリフォルニア沿岸やアルゼンチンには両種が共存し、ときに混生する。体は円筒形で、体長10センチメートル程度にまで急速に成長する。日本では両種とも夏に成熟するが、配偶子放出がユウレイボヤでは夜明けに、そしてカタユウレイボヤでは夕方におこる。両種とも、北海道を除く各地の内湾の構造物や船底などに群生する。なお、後者は北ヨーロッパではカレイ類の重要な餌(えさ)となっている。[西川輝昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone