コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニバーシアード ゆにばーしあーど Universiade Games

6件 の用語解説(ユニバーシアードの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ユニバーシアード

国際大学スポーツ連盟(FISU:F(e)d(e)ration Internationale du Sport Universitaire〈仏〉)が主催し2年ごとに開催される、学生の国際総合競技大会。1939年の第10回大会(ウィーン)を最後に中止された、国際学生競技会が前身。戦後は東西の政治的対立で国際学生スポーツ界も別々の学生スポーツ大会になっていたが、57年に両者が歩み寄りInternational University Sports Weeksが開催され、59年にはユニバーシアードの名称でトリノ大会が開かれた。参加資格は、大学もしくはそれに準ずる学校の学生、また17〜28歳で大会の時点で卒業して1年以内の卒業生に与えられる。日本は57年から、夏季・冬季大会に参加。日本では67年に東京、85年に神戸、91年に札幌(冬季)、95年に福岡で開催した。次回は2009年に夏季をベオグラード(セルビア)、冬季をハルピン(中国)で開催の予定。

(高橋義雄 名古屋大学総合保健体育科学センター講師 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ユニバーシアード(Universiade)

大学卒業後2年以内の者を含む学生の国際競技大会。国際大学スポーツ連盟FISU(フィス))が主催する。1959年から隔年、夏季・冬季に開催。インターナショナル‐スチューデントゲームズ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユニバーシアード

国際学生スポーツ大会International Student Gamesの通称。オリンピック大会をオリンピアードと呼ぶのにならった名称。第2次大戦後東西に分裂していた大学スポーツ組織,すなわち自由諸国のFISU(国際大学スポーツ連盟)と共産圏のISU(国際学生連合)が,1957年FISUに統合され,同年大会をパリで開催(ユニバーシアードの名称は1959年から)。
→関連項目日本オリンピック委員会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ユニバーシアード【Universiade】

国際大学スポーツ連盟Fédération internationale du sport universitaire(略称FISU。1907創立。本部パリ)が主催する全世界の学生スポーツ競技会。学生のオリンピックともいわれ,名称もラテン語に基づくOlympiadにちなんでUniversiadeとされた。2年ごとに夏季,冬季大会を開く。前身は国際学生競技会で,1923年のパリ大会を皮切りに39年のウィーン大会(第10回)まで続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ユニバーシアード【Universiade】

国際大学スポーツ連盟の主催する国際学生競技大会。一七歳以上二八歳までの学生(卒業後2年以内の者を含む)が参加して1年おきに開催される。夏季は陸上・水泳など、冬季はスキー・スケート競技などが行われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユニバーシアード
ゆにばーしあーど
Universiade

全世界の学生を対象としたスポーツの総合競技会。別名学生オリンピックともいう。国際大学スポーツ連盟Fdration Internationale du Sport Universitaire(フランス語、略称FISU)が主催し、2年ごとに夏季、冬季両大会を開く。
 前身は第二次世界大戦前に行われていた国際学生競技会で、1923年にパリで第1回大会を開いたあと、1939年のウィーン大会(第10回)まで続いた。第二次世界大戦後は、東側と西側に分裂、東側は「青年学生スポーツ大会」、西側は「国際学生スポーツ週間」の名でそれぞれに大会を開いていたが、1957年東西の間に歩み寄りがみられ、合同大会が同年パリで行われた。ユニバーシアードの名称は、1959年のトリノ大会(イタリア)からつけられたが、実質的にはこのパリ大会がユニバーシアードの始まりとされている。
 大会は途中まで、夏季大会を奇数年、冬季大会を偶数年に開いてきたが、1981年から冬季、夏季の順で同じ奇数年に開催することに変わった。
 参加資格は、ヨーロッパ、アジア、アメリカなどそれぞれに教育制度が異なるため、多少の幅をもたせてある。年齢は、大会開催の年の1月1日に17歳を超えた者および28歳に達していない者の範囲内で、大学の在学生および開催年の2年前以内に卒業した者となっている。
 実施競技は、夏季大会が陸上、競泳、飛込、水球、体操、バスケットボール、テニス、バレーボール、フェンシング、サッカー、卓球、自転車の12が正式競技で、選択競技として柔道などがある。また冬季大会はアルペンスキー、スキージャンプ、クロスカントリースキー、バイアスロン、カーリング、フィギュアスケート、アイスホッケー、ショートトラックの8競技が正式競技で、ほかにスノーボードなどを開催地の希望により選択を認めている。
 表彰式ではメダルの授与や優勝した国の選手団旗が掲揚されるのはオリンピックの場合と同様だが、国歌演奏はなく、どの優勝者に対しても共通の「ユニバーシアード賛歌」が演奏される。
 日本は1957年(昭和32)の夏季パリ大会から夏・冬両大会に欠かさず参加しており、1967年に東京都、1985年に神戸市、1995年(平成7)に福岡市でそれぞれ夏季大会、1991年には札幌市で冬季大会を開催した。加盟国は、2012年の時点で163か国・地域だが、非加盟国にも参加招待状を出すので、実際の参加数はそれより多く、2003年の韓国テグ夏季大会には、177か国・地域が参加した。[加藤博夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユニバーシアードの関連キーワード国際大学スポーツ連盟AGFISFISAFISU国際ストーク・マンデビル車いすスポーツ連盟国際ダンススポーツ連盟日本ローラースポーツ連盟ジェットスポーツICAAAAFISEC

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユニバーシアードの関連情報