コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユヌス・エムレ Yunus Emre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユヌス・エムレ
Yunus Emre

[生]?
[没]1320
トルコの神秘主義詩人。生涯について詳しいことは不明。アナトリア出身で,イスラムの神秘主義教団の一つベクタシュ教団の長老であったと伝えられる。神の愛と人間の運命とを主題にした詩が多い。深い宗教的感情に裏づけられたその作品は 1910年以降のトルコ民族文学に大きな影響を与え,今日でも広く読まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユヌス・エムレ
ゆぬすえむれ
Yunus Emre
(?―1320ころ)

トルコの民衆詩人。北西アナトリア(小アジア)に生まれる。中央アジアの詩人アフマド・ヤサウィAmad Yasawを嚆矢(こうし)とする民衆的なイスラム神秘主義詩の伝統を受け継ぎ、簡潔なアナトリア・トルコ語によって人間愛、神への愛、神秘主義思想への傾倒などを歌い上げ、トルコ語、トルコ文学の発展に貢献した。その素朴な作風は、現在でもなおトルコ人に愛され、トルコ近代文学にも大きな影響を与えている。[永田雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ユヌス・エムレの関連キーワードトルコ文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユヌス・エムレの関連情報