コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユベール ユベール Hubert, René

3件 の用語解説(ユベールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユベール
ユベール
Hubert, René

[生]1885
[没]1954
フランスの教育学者,哲学者。カント人格主義理想主義に立って教育論を展開した。 É.デュルケムの影響を受けて,社会学的立場も取入れている。主著『一般教育学汎論』 Traité de pédagogie générale (1946) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ユベール【René Hubert】

1885‐1954
フランスの哲学者,教育学者。エコールノルマル・シュペリウール卒業後シャルトルおよびマルセイユの高校で教鞭をとった後,リール大学講師(1919),同教授(1924)を歴任し,1937年以来ポアティエ大学学長,さらに46年からはストラスブール大学学長をつとめた。その思想は社会学的視点に立ちながら,同時に理想主義的ヒューマニズムの色彩が濃厚である。主著《一般教育学概論》(1946)では,教育学を教育技術学に還元することを拒み,自然・社会・人間に関する哲学によって基礎づけられる必要を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユベール
ゆべーる
Ren Hubert
(1885―1954)

フランスの教育学者。高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)を卒業したのち、諸リセ教授を経てリール大学、ポアチエ大学の教育学・哲学教授を歴任、1945年ストラスブール大学学長となる。第二次世界大戦前には師範学校向けの教育学、社会学、心理学のテキストを刊行し、戦後フランスの教育改革に貢献、中等学校における新教授法の開発や教員養成に大きな影響を及ぼす。1948年には彼の編集のもとに道徳教育に関する共同研究を発表した。その教育学はカント哲学の人格主義、理想主義およびデュルケーム社会学を基礎としたもので、『一般教育学汎論』Trait de pdagogie gnral(1946)、『教育学史』Histoire de la pdagogie(1948)、『精神発達』La croissance mentale, tude de psychogntique(1949)などの主著にまとめられている。彼によれば、教育学は単なる科学でも技術でも哲学でも芸術でもなく、それらの全総和であり、理論的であると同時に実践的な学問でなければならないとされる。[大江正比古]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユベールの関連キーワードコーシーダルブーブートルーベルグソンベルトロモイマンクールノービュイッソンリボル・センヌ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユベールの関連情報