コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリアナ ユリアナ Juliana

翻訳|Juliana

3件 の用語解説(ユリアナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリアナ
ユリアナ
Juliana

[生]1909.4.30. ハーグ
[没]2004.3.20. バールン
オランダ女王(在位 1948~80)。フルネーム Juliana Louise Emma Marie Wilhelminaウィルヘルミナ女王とヘンドリクのひとり娘として生まれた。1927~30年ライデン大学で法律を学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユリアナ

オランダ女王。1937年ベルンハルト公と結婚。第2次大戦中は母ウィルヘルミナ女王とともにカナダ,英国に亡命し1945年帰国,1948年即位,1980年退位。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ユリアナ【Louise Emma Marie Wilhelmina Juliana】

1909‐2004
オランダの女王。ウィルヘルミナWilhelmina女王(在位1898‐1948)の王女としてハーグに生まれ,ライデン大学に学び,1937年ベルンハルト公Bernhard van Lippe‐Biesterfeldと結婚。40年5月ドイツ軍のオランダ侵入により女王一家,政府とともにロンドンへ亡命し,45年帰国。高齢で退位したウィルヘルミナのあとを継いで48年即位し,温かく気どらない性格で国民の人気を高めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユリアナの関連キーワードウィルヘルミナウィルヘルムウィルヘルム・フォン・ホラントウィルヘルムマイスターフリードリヒウィルヘルムウィルヘルム皇帝記念教会ウィルヘルミナ山カイザー・ウィルヘルム協会ウィルヘルミ,L.F.ウィルヘルミナ[山]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユリアナの関連情報