コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリア・ドムナ Julia Domna

世界大百科事典 第2版の解説

ユリア・ドムナ【Julia Domna】

?‐217
ローマ皇帝セプティミウス・セウェルスの妃。シリアのエメサで太陽神崇拝をつかさどる神官の娘として生まれ,宮廷に迎えられた。野心的で教養豊かな彼女のまわりには,学者らの取巻き連中が集まり,宮廷でも影響力が強かった。夫帝の死後,彼女の2人の息子カラカラゲタとの兄弟対立を憂慮して調停に尽力したが,成功するに至らなかった。晩年にはニコメディアに隠棲したが,かつてゲタを殺害したカラカラ帝の訃報に接して自決したと伝えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ユリア・ドムナの関連キーワードカラカラ(Caracalla Marcus Aurelius Antoninus)セプティミウス・セウェルスフィロストラトスユリア・マエサ