コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリア・ドムナ Julia Domna

1件 の用語解説(ユリア・ドムナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユリア・ドムナ【Julia Domna】

?‐217
ローマ皇帝セプティミウス・セウェルスの妃。シリアエメサで太陽神崇拝をつかさどる神官の娘として生まれ,宮廷に迎えられた。野心的で教養豊かな彼女のまわりには,学者らの取巻き連中が集まり,宮廷でも影響力が強かった。夫帝の死後,彼女の2人の息子カラカラとゲタとの兄弟対立を憂慮して調停に尽力したが,成功するに至らなかった。晩年にはニコメディアに隠棲したが,かつてゲタを殺害したカラカラ帝の訃報に接して自決したと伝えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユリア・ドムナの関連キーワードウェスパシアヌス凱旋門デキウスローマ法大全テオドシウスアントニヌスピウスパラティーノの丘レプティスマグナジェンデレ橋レプティス-マグナの古代遺跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone