コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユークライト eucrite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユークライト
eucrite

特殊な塩基性火成岩の一種(→塩基性岩),または石質隕石の一種。火成岩としては,スコットランドの古第三紀新第三紀の環状岩脈として産するものがよい例とされ,カルシウムの多い斜長石を 30~35%含み,ほかに普通輝石,紫蘇輝石,ピジオン輝石橄欖石を含む斑糲岩をいう。隕石のユークライトはピジオン輝石とカルシウムの多い斜長石を主とするエイコンドライトに属するもので,少量の橄欖石を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

ユークライト

ローズは最初に灰長石オージャイトからなる隕石にこの名称を用いた[Rose : 1835].ホートンは同様の岩質の火成岩を閃長岩として最初に記載したが[Haughton : 1856],オベルグはこの岩石名をユークライトに変更した[Oberg : 1872].現在この名称は斑糲(はんれい)岩またはドレライトで灰長石またはバイトウナイトが主長石であるものに用いられている.ルバーは地球上の岩石の大部分はユークライトと呼ぶことで,斑糲岩を明確に使用することができると提案している[Le Bas : 1959].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のユークライトの言及

【隕石】より

…Oコンドライトは形成後の熱変成の度合の低い方から高い方へ1より6の番号を付け,これをH,L,LLの後につけてH6というふうに分類される。エコンドライトは,ほとんどエンスタタイト(MgSiO3)のみよりなるオーブライト,玄武岩質の岩石に似ているユークライト,ホワルダイトおよびダイオジェナイト,ユレイライトなどに細分される。メソシデライトとパラサイトは石鉄隕石のおもなものである。…

【エコンドライト】より

…( )内の数字は非南極隕石中の個数。オーブライトaubrite(9),ユレイライトureilite(6),ダイオジェナイトdiogenite(8),ホワルダイトhowardite(19),ユークライトeucrite(24),シャーゴッタイトshergottite(2),ナクライトnakhlite(3),シャシナイトchassignite(2),アングライトangrite(1),その他(7)。真の結晶質の組織を保っているものは少なく,母天体上での隕石衝突により破砕,混合された角レキ岩的組織を示す。…

【ピジョン輝石】より

…これは〈転移したピジョン輝石inverted pigeonite〉と呼ばれる。隕石の一種であるエコンドライトにはしばしば含まれ,とくにエコンドライトの一種であるユークライトでは最も主要な構成鉱物である。名は産地のアメリカ,ミネソタ州ピジョン岬にちなむ。…

※「ユークライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユークライトの関連キーワードルージュモント岩セバスティアン岩エコンドライトメソシデライトアチナアイトアリヴァル岩ケダベック岩オウェン岩チレイ岩深成岩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android