コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーシージ ユーシージYūshīj, Nīmā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーシージ
Yūshīj, Nīmā

[生]1895. マーザンダラーン
[没]1960. テヘラン
イランの詩人。テヘランフランス系学校で教育を受けた。ペルシア古典詩スタイルに挑戦して詩の革新を唱え,自由詩運動を推進した。代表作『物語』 Afsāne (1921) はフランス・ロマンス派詩人の手法を取入れた長編恋愛詩として名高い。人道主義の詩人としても知られ,『おお夜よ』 Ei shab,『兵士の家庭』 Khānevāde-ye sarbāzなど庶民の悲しみテーマとした詩を多くつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユーシージ
ゆーしーじ
Nm Yshj
(1895―1960)

イランの詩人。マーザンダランの寒村に生まれ、テヘランに移住、フランス系の学校で学ぶ。フランス詩の強い影響を受け、伝統的な古典詩と決別し、自由詩によってペルシア詩に新境地を開拓した。詩集『アフサーネ』(1921)は代表作で、西欧ロマン派の手法を借りている。悲哀、人道主義の詩人として知られ、『兵士の家庭』『牢獄(ろうごく)』など庶民の悲しみを詠んだ作品が多い。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ユーシージの関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンスアダメロ岩博文館バレーラ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone