ヨセフ イスラエルス(英語表記)Josef Israels

20世紀西洋人名事典の解説

ヨセフ イスラエルス
Josef Israels


1824.1.27 - 1911.8.12
オランダの画家。
フローニンゲン生まれ。
パリでピコに師事する。ロマン主義から出発し、風俗、宗教、歴史などを題材にする。その後、漁夫の生活を描いた作品「海辺の子供たち」を制作する。オランダの伝統絵画を継承する画風、自然の光を画面に導入する近代的技法などに特色がある。アムステルダムデュッセルドルフ、ロンドンなどを旅して、ハーグに移住する。肖像画家のイサークを子にもつ。代表作に、「老年になると」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android