ヨークシャープディング(英語表記)Yorkshire pudding

大辞林 第三版の解説

ヨークシャープディング【Yorkshire pudding】

ローストビーフのつけ合わせとして用いられるイギリス料理。小麦粉・卵・牛乳で作った生地をローストビーフから出た脂とともにオーブンで焼いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ヨークシャープディング【Yorkshire pudding】

イギリス料理の一つ。小麦粉・卵・牛乳・塩などを混ぜ合わせた生地を型に流し込んでオーブンで焼いたもの。ローストビーフのつけ合わせに用いることが多いが、深めの皿のような形に作って、中にソーセージや野菜を盛り合わせたり、シチューを入れたりして供することもある。焼く前に、型にバターなどの油脂を入れてあたためてから生地を入れるが、油脂は元来はローストビーフの肉汁から脂をすくって用いる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のヨークシャープディングの言及

【プディング】より

…菓子では,レーズン,オレンジやレモンの皮の砂糖漬,ケンネ脂(牛の腎臓を包んでいる脂肪),パン粉,卵,赤砂糖,小麦粉,スパイス,ブランデーなどを合わせ,型に詰めて蒸し上げるプラムプディング,型の周囲に食パンを貼り,ラズベリー,ブルーベリー,カラントなどのベリー類と砂糖を軽く煮て詰め,重石をして冷蔵庫で冷やしたサマープディングなどがある。料理ではローストビーフに添えるヨークシャープディングがよく知られる。これはローストビーフの焼脂を熱した中に小麦粉,卵,牛乳を合わせた生地を入れてオーブンで焼く。…

※「ヨークシャープディング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android