コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウジッツ文化 ラウジッツぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

ラウジッツぶんか【ラウジッツ文化】

前13世紀から前4世紀にかけて,現ポーランド領からチェコスロバキア領の北部を中心に分布していた,青銅器時代中期から鉄器時代初めにあたる文化。ラウジッツLausitzの名称は,19世紀中ごろにドイツのR.フィルヒョーが低ラウジッツNider‐Lausitz地方の墓地遺跡出土の土器の型式名としてその地名を採用したことに始まる。この文化を残した人たちは,麦類や豆類の耕作と各種家畜飼養を生業とし,青銅製の斧,鎌,剣,装身具,さらに容器類などを製作使用していたが,前7~前6世紀ころから鉄器の製作使用が普及する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラウジッツ文化の言及

【スラブ人】より


【古代】
 先史時代のスラブ人について語りうるものは考古学的資料以外にはない。前1300‐前500年の中欧・東欧に見られる鉄器時代前期の〈ラウジッツ文化〉の担い手をスラブ人と考える説はすでに18世紀に提唱され,19世紀末から20世紀初頭にかけて再燃し,今日なおスラブ人考古学者のあいだでは有力であるが,推測の域を脱してはいない。 ギリシアの歴史家ヘロドトスは前5世紀の半ばに,ドニエプル川とブーグ川の上流域に住み,年に1度数日間オオカミに変身するというネウロイ人Neuroiのことを伝聞した。…

※「ラウジッツ文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラウジッツ文化の関連キーワードフィルヒョースキタイ蔵骨器三翼鏃

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android