コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラカンドン Lacandon

2件 の用語解説(ラカンドンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラカンドン【Lacandon】

メキシコ,チアパス州グアテマラ国境近くの熱帯雨林に住むマヤ族の末裔。人口約200。18世紀末,カトリック宣教師から逃れて姿を消したが,19世紀後半になって木材会社の進出を機に再発見された。第2次世界大戦後,チクレ採集者の奥地への進出とともにラカンドン社会の大規模な変容が起こった。この社会に階層差はなく,核家族が基本的単位であり外婚的父系氏族に統合される。交叉いとこ婚が好まれ,一夫多妻婚が一般的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラカンドン
らかんどん
Lacandon

メキシコ南部、チアパス州東部の熱帯多雨林に生活するマヤ語系の先住民。いまでは数州に分住しており、言語人口は全国で約100人(1995)。他のメソアメリカ中部アメリカ)の先住民集団と異なり、ラカンドンでは、服装における西欧化は、女性が男性に先行している。スペイン語併用率は100%に近い。
 ラカンドンは、長髪に貫頭衣という風貌(ふうぼう)、狩猟技術、バルチェ酒造り、そして植民地時代の記録にも残る勇猛な戦士としての伝説などのために、チアパス州で発見されているヤシチュラン、ボナンパク、パレンケなどマヤ文明古典期(3~9世紀)の遺跡を建設した人々の子孫に擬せられることも多い。しかし、この地域は古典期にはチョル語圏だった可能性が高く、また伝説上のラカンドンと今日のラカンドンは別個の集団で、後者は19世紀にユカタン半島方面から移住してきた人々であることが、今日言語学的に確かめられている。密林西隣のチアパス高地のツォツィル、ツェルタル語圏の村々では、低地の危険な人々という伝説上のラカンドン像がいまなお語り伝えられており、祭礼に際して、扮装(ふんそう)した村人によって演じられることもある。[落合一泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラカンドンの関連キーワードアンティグアグアテマラサンタアナアメリカメキシコ戦争キリグアコパンルイナストドスサントスクチュマタンボナンパック遺跡メキシカンヤシュチラン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone