コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラコルデール ラコルデール Lacordaire, (Jean-Baptiste-) Henri

3件 の用語解説(ラコルデールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラコルデール
ラコルデール
Lacordaire, (Jean-Baptiste-) Henri

[生]1802.5.12. レシイシュルウルス
[没]1861.11.21. ソレーズ
フランスの聖職者,説教家。弁護士の道に入ったが,H.ラムネの著作にひかれ,1824年パリのシュルピス会神学校に入学,27年司祭。 30年ラムネの指導する自由主義的な雑誌『未来』に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラコルデール【Jean Baptiste Henri Lacordaire】

1802‐61
フランスのドミニコ会修道士,説教師。ラムネーを師とするロマン主義的な自由主義者の一人。1827年に司祭となり,その後,七月革命によって荒廃したフランス・カトリック教会の再建をもくろんだ。30年にラムネーと知り合い,その機関紙《アブニール》に協力したが,同紙がローマ教皇から非難されたので,ラムネーと絶縁した。彼は以後あくまで正統的カトリックにとどまりながら,教会内部に自由主義を浸透させようと努力することになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラコルデール
らこるでーる
Jean Baptiste Henri Lacordaire
(1802―1861)

フランスのカトリック神学者で、有名な説教家。青年時代にルソーの影響を受けて自由主義を信奉したが、のちに改宗して神学校に学んで司祭となった。雑誌『未来』Avenirの編集に参加し、国家支配から教会を解放するため闘った。のちにパリのノートル・ダム大聖堂の説教家となり、市民から高い評価を得た。
 フランスの教会発展のために、修道会を導入する必要を感じ、自らイタリアに行ってドミニコ会に入会し、帰国後は、1790年以降弾圧されていた同会をフランスで再建し、多くの修道院を設立、管区長としてそれらの指導にあたった。新聞『新時代』re nouvelleを創刊し、政治的発言をも行った。[門脇佳吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラコルデールの関連キーワードテッツェルドミニコドミニコ会バルトロメオアルベルトゥスマグヌスドミニクスブラックアビールブルックセントフランシスザビエル教会クールテ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone