ラシェル(英語表記)Rachel

翻訳|Rachel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシェル
Rachel

[生]1820.2.28. アルゴビー
[没]1858.1.3. ルカネー
フランスの女優。本名 Élisa Félix。貧しいユダヤ移民の子として生れる。 1838年コメディー・フランセーズに入り,コルネイユラシーヌなどの作品を演じて悲劇女優としての名声を確立,ヨーロッパ各地をはじめアメリカ,ロシアを巡業した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラシェル【Rachel】

1821‐58
フランスの悲劇女優。本名Elisabeth Felix。ユダヤ人行商人の娘として極貧の内に育ち,10歳のおり認められて音楽学校入学。演劇に転向,コンセルバトアールを経て17歳でコメディ・フランセーズに入る。38年コルネイユ作《オラース》のカミーユ役でデビューするや圧倒的人気を得,閑古鳥の鳴く一座の救世主となる。ラシーヌ作《フェードル》の女主人公,《アンドロマック》のエルミオーヌなど古典悲劇に卓越し,ロマン派には理解を示さなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラシェル
らしぇる
Rachel
(1821―1858)

フランスの悲劇女優。本名Elisabeth Flix。スイスの貧しいユダヤ人行商人の家に生まれる。10歳のとき街頭で歌っているのを認められ音楽学校に入るが、まもなく演劇に転向。パリのコンセルバトアールに学び、17歳でコメディ・フランセーズに入る。1838年コルネイユ作『オラース』のカミーユ役でデビュー、人気を博す。その後ラシーヌ作『フェードル』『アンドロマック』などおもに古典悲劇を演じ、下火だった古典悲劇を復活させ、一世を風靡(ふうび)した。細面、華奢(きゃしゃ)な体だったが、その存在感、太い声、豊かで調和のとれた感情表現などで名女優とうたわれ、ロシア、イギリス、アメリカに巡演、国際派女優の最初でもあった。[伊藤 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ラシェル

生年月日:1820年2月28日
フランスの女優
1858年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android