コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシェル ラシェル Rachel

翻訳|Rachel

3件 の用語解説(ラシェルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシェル
ラシェル
Rachel

[生]1820.2.28. アルゴビー
[没]1858.1.3. ルカネー
フランスの女優。本名 Élisa Félix。貧しいユダヤ移民の子として生れる。 1838年コメディー・フランセーズに入り,コルネイユラシーヌなどの作品を演じて悲劇女優としての名声を確立,ヨーロッパ各地をはじめアメリカロシアを巡業した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラシェル【Rachel】

1821‐58
フランスの悲劇女優。本名Elisabeth Felixユダヤ人行商人の娘として極貧の内に育ち,10歳のおり認められて音楽学校入学。演劇に転向,コンセルバトアールを経て17歳でコメディ・フランセーズに入る。38年コルネイユ作《オラース》のカミーユ役でデビューするや圧倒的人気を得,閑古鳥の鳴く一座の救世主となる。ラシーヌ作《フェードル》の女主人公,《アンドロマック》のエルミオーヌなど古典悲劇に卓越し,ロマン派には理解を示さなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラシェル
らしぇる
Rachel
(1821―1858)

フランスの悲劇女優。本名Elisabeth Flix。スイスの貧しいユダヤ人行商人の家に生まれる。10歳のとき街頭で歌っているのを認められ音楽学校に入るが、まもなく演劇に転向。パリのコンセルバトアールに学び、17歳でコメディ・フランセーズに入る。1838年コルネイユ作『オラース』のカミーユ役でデビュー、人気を博す。その後ラシーヌ作『フェードル』『アンドロマック』などおもに古典悲劇を演じ、下火だった古典悲劇を復活させ、一世を風靡(ふうび)した。細面、華奢(きゃしゃ)な体だったが、その存在感、太い声、豊かで調和のとれた感情表現などで名女優とうたわれ、ロシア、イギリス、アメリカに巡演、国際派女優の最初でもあった。[伊藤 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラシェルの関連キーワードルカンフランスソワールマンデスフランスXの悲劇Cの悲劇βの悲劇サンドニの悲劇クレロン嬢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラシェルの関連情報