コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オラース オラース Olathe

3件 の用語解説(オラースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オラース
オラース
Olathe

アメリカ合衆国,カンザス州北東部にある都市。 1857年,旧サンタフェ鉄道に沿って設立された。町の名はビューティフル beautifulという意味の先住民の言葉を誤解したことに由来。カウボーイブーツ,農機具の工場がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オラース(〈フランス〉Horace)

コルネイユの韻文悲劇。5幕。1640年初演。祖国愛と友情・恋愛の狭間で起こる悲劇を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オラース
おらーす
Horace

フランスの劇作家ピエール・コルネイユの五幕韻文悲劇。1640年初演・刊。アルブの貴族キュリアスの妹サビーヌはローマの騎士オラースに嫁ぎ、オラースの妹カミーユはキュリアスと婚約しているが、両国の戦争状態で、ともに苦しんでいる。和議の結果、両軍の代表としてオラースとキュリアスの3兄弟同士が決闘することになり、男たちは2人の女の哀願を退けて義務に従う。女たちとオラースの老父の目の前で、弟2人を殺されたオラースは逃げるとみせて逆襲し相手を全滅させるが、その非情をののしった妹をも殺して裁判にかけられ、老父と妻との協力で無罪となる。キュリアスおよび女性の苦悩とオラース父子の愛国的激情の対比が有名。[岩瀬 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オラースの関連キーワードカンザスシティーアメリカン合衆国カンザスネブラスカ米利堅亜米利加アメリカン・トイ・テリアアメリカン・ブルドッグアメリカン・ヘアレス・テリア

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone