コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラセンソウ Triumfetta annua L. f.piligera Sprague et Hutchins.

2件 の用語解説(ラセンソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラセンソウ【Triumfetta annua L. f.piligera Sprague et Hutchins.】

日本の畑地や路傍に見られるシナノキ科の一年草または半低木で,高さ30~100cmに達する(イラスト)。枝の一側に沿ってまばらに柔毛がある。葉は互生し,卵形ないし狭卵形,膜質で,長さ4~13cm,先端は細長くとがり,基部はやや円形,3ないし5本の掌状に出る脈があり,ふちに鋸歯があり,両面に単毛を散生する。托葉は狭三角形で長さ3~5mm。腋生(えきせい)の集散花序は短い梗を有し,径2cmくらいで黄色の花を数個つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラセンソウ
らせんそう / 羅氈草
[学]Triumphetta japonica Makino

シナノキ科の一年草。茎は直立し、高さ約1メートル。葉は有柄で互生し、卵形で先はとがり、基部はやや心形、まれに浅く3裂し、縁(へり)に鋸歯(きょし)があり、脈上に堅い毛がまばらに生える。托葉(たくよう)は細く、反曲する。8~10月、葉腋(ようえき)に集散花序をつくり、径約5ミリメートルの黄色花を開く。萼片(がくへん)は5枚で長さ3ミリメートル、幅1.1~1.2ミリメートル、先端に毛状の突起がある。(さくか)は球形で径約7ミリメートル、長い刺毛を密生する。関東地方以西の本州から九州、および朝鮮半島に分布する。名は、毛の生えた果実の手ざわりが、毛織物の羅氈(らせん)を思わせることによる。ラセンソウ属は草本または低木で、熱帯に約40種分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラセンソウの関連キーワードジュート烏の胡麻肉桂リンデンバウム科の木立壺菫篦の木シナノキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone