ラヂオプレス(読み)ラジオプレス

デジタル大辞泉 「ラヂオプレス」の意味・読み・例文・類語

ラジオ‐プレス【ラヂオプレス】

Radio Press》昭和21年(1946)、外務省から財団法人として分離独立した通信社海外ラジオ放送から受信したニュースを配信する。本部は東京都新宿区。RP

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ラヂオプレス」の意味・わかりやすい解説

ラヂオプレス
らぢおぷれす

略称RP。海外ニュースを扱う通信社。諸外国事情を理解するための情報収集機関として、1946年(昭和21)に外務省から財団法人として分離独立した。モニタリングサービス機関としては、わが国唯一のもので、外国のラジオ、テレビ、通信社電を24時間体制で受信し、重要なニュースや情報を翻訳したうえでニュース速報、ニュース資料、調査分析資料として官庁内外報道機関、大学・研究所、企業などに提供している。戦後の冷戦時代、情報の少なかった旧ソ連や中国などで起きた重大なニュースを配信していたのでよく知られている。

[田村穣生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ラヂオプレス」の意味・わかりやすい解説

ラヂオプレス

略称 RP。 1945年 12月3日外務省の認可を得て設立された通信社。世界各国の短波放送を傍受してニュース,資料を日本全国の新聞,通信,放送会社に提供。特に旧ソ連,中国など社会主義圏重点をおいていた。また欧米各国の通信,新聞,雑誌とも特約して,『特信サービス』を発行。本社東京都。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android