コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッセルアインシュタイン宣言 ラッセルアインシュタインセンゲン

デジタル大辞泉の解説

ラッセルアインシュタイン‐せんげん【ラッセルアインシュタイン宣言】

1955年7月9日、英国の数学者・哲学者B=ラッセルと米国の物理学者A=アインシュタインを中心とする11人がロンドンで署名した宣言核兵器による人類の危機を訴え、紛争解決のために平和的手段を見出すよう勧告したもの。11人の中には日本初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹も含まれる。この宣言に基づき、各国の科学者軍縮・平和問題を討議するパグウォッシュ会議が開催された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ラッセルアインシュタインせんげん【ラッセルアインシュタイン宣言】

ラッセルとアインシュタインの提唱の下、人類が核廃絶に立ち上がるべきことを主張した宣言。1955年発表。湯川秀樹を含む九名の著名な科学者が連署。 → パグウォッシュ会議

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラッセルアインシュタイン宣言の関連情報