ラップ(読み)らっぷ(英語表記)РАППRAPP 

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラップ(ロシア・プロレタリア作家協会)
らっぷ
РАПП RAPP 

ソ連の文学団体。ロシア・プロレタリア作家協会の略称。文学、芸術におけるプロレタリアートの主導的地位の確立、ブルジョア文化浸透の防除を目的に1925年1月創立され、機関誌『ラップ』『文学哨所(しょうしょ)で』などを刊行、活動した。しかし、早くも6月には、共産党中央委員会の決定で、プロレタリア作家のセクト主義が批判され、翌年2月の分裂に至る。のちファデーエフ、エルミーロフ、セリビンスキーらの作家、評論家の加盟もあったが、プロレタリアート以外の階層出身の作家を排除する傾向が改まらず、32年4月の文学組織の再編成に関する党中央委員会の決定により解散。その成員はソ連作家同盟に参加した。[草鹿外吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラップの関連情報