コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラティヌス ラティヌス Latinus

2件 の用語解説(ラティヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラティヌス
ラティヌス
Latinus

ローマの建国伝説に登場するラテン人の名の由来となった英雄。オデュッセウスキルケの子とも,ファウヌスの子とも,またヘラクレスゲリュオンの牛の群れをギリシアに連れ帰る途中,ラチウムに来て,ファウヌスの妻と通じもうけた子ともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラティヌス
らてぃぬす
Latinus

古代ローマ周辺地域の民族ラティニィ人の王、またこの種族の祖。その系譜はさまざまで、英雄オデュッセウスと魔女キルケとの子、あるいは牧神ファウヌスとニンフのマリカとの子などとされる。妻アマタとの間にもうけた娘ラウィニアは、同じイタリアルトゥリ人の王トゥルヌスに求婚されたが、ラティヌス王は神の預言を信じてトロヤ人の英雄アイネイアスアエネアス)を婿として歓待し、結婚の約束をした。やがて戦争が起こり、一騎打ちでトゥルヌス王を破ったアイネイアスは、ラウィニアを妻として王位を継ぎ、ローマの前身都市であるラウィニウムを築いた。のちにラティヌスは、ユピテル・ラティアリスという名の神となった。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラティヌスの言及

【ローマ神話】より

… 地上に戻ったアエネアスはいよいよラティウムまでやって来る。土地の王ラティヌスLatinusは娘ラウィニアLaviniaの手と国土建設のための領土の提供を約束するが,娘にはすでにこの地に多くの求婚者がおり,アエネアスはイタリアの諸族,とりわけルトゥリ人の王トゥルヌスTurnusと闘わねばならない。彼を一騎打ちで倒し,ラティヌスの後継者として支配権を確保したアエネアスは,新たに建設した都市を妻の名にちなんでラウィニウムと命名した。…

※「ラティヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラティヌスの関連キーワードトロールプラエネステラテン人パラティーノの丘ローマの七丘ローマの泉ローマの祭イエローマスクローマの祭りラテン権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone