コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラプソディ・イン・ブルー ラプソディインブルー

百科事典マイペディアの解説

ラプソディ・イン・ブルー

ガーシュウィンのピアノと管弦楽のための音楽。バンドリーダーP.ホワイトマンの依頼で作曲され,1924年ニューヨークで初演。ジャズ語法協奏曲形式とが合体したユニークな作品として欧米各地で熱狂的に迎えられ,〈シンフォニック・ジャズ〉のブームを巻き起こした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ラプソディ・イン・ブルーの関連キーワードジョージ ガーシュインポール ホワイトマンガーシュイングローフェラプソディ宅 孝二

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラプソディ・イン・ブルーの関連情報