コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラベンダー油 ラベンダーゆlavender oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラベンダー油
ラベンダーゆ
lavender oil

ラベンダー Lavandula veraの花から蒸留によって得られる精油。フランスのプロバンス地方,アルプスの南端部標高 800mぐらいが良質の油を得るラベンダーの栽培の適地とされている。オーデコロンの清涼感を与える香料として重要な花香油で,欧米人に古くから愛用されている。改良高収率品種 Lavandula hatifolia fragransから得られる精油の生産も多く,これはラバンジン油として広く石鹸香料用として使用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ラベンダー油

 シソ科の植物ラベンダーLavandula augustifolia],[L. latifolia]の葉や葉枝からとる精油で,香料として利用する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラベンダーゆ【ラベンダー油 lavender oil】

地中海沿岸地方原産のシソ科の半木本性植物のラベンダーの花,枝および葉から,水蒸気蒸留または溶剤抽出により採取される精油。上品な芳香のため古くから香料として重用されている。主成分は酢酸リナリルlinalyl acetateで,通常30~40%含有されている。そのほかリモネン,リナロールゲラニオール,およびそのエステル類,ネロール,シネオール,dボルネオールなどが含まれている。化粧品,セッケン用香料をはじめ高級香水用として広く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラベンダー油
らべんだーゆ
lavender oil

シソ科の植物ラベンダーなどの花穂の水蒸気蒸留により収油率0.7~0.85%で得られる精油。また、溶剤抽出によって1.5~2.2%のコンクリートが得られ、アルコール処理により50~60%のアブソリュート(絶対花精油)が得られる。この精油成分は酢酸リナリル、リナロール、3‐オクタノン、ラバンジュロールである。この植物の主産地はフランスであるが、イタリア、イギリス、旧ソ連地域、オーストラリア、北アメリカ、日本(北海道)などで栽培されている。ラベンダー油の品位は酢酸リナリルの含有量によって定められ、市販の商品には酢酸リナリル含有量を明示してあり、種々の等級がある。
 ラベンダー油は重要な香料であり、香水、化粧水、オーデコロン、ポマード、せっけんなどのあらゆる分野に広く応用される。コンクリートおよびアブソリュートは、おしろい、バスソルト、ひげそりクリームなどに用いて効果がある。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラベンダー油の関連キーワードアロマテラピーニエプステルペンカメラ浴剤

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラベンダー油の関連情報