コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムラム山 ラムラムさん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラムラムさん【ラムラム山】

アメリカ自治領のグアム島にある最高峰の山。標高は406mほどだが、世界最深のマリアナ海溝から計ると差は1万1000mで、エベレストより高い。山の周辺は島の中央部から南部にかけてラムラム山系が続き、ジャングルや渓谷になっている。◇「ラムラム」はチャモロ語で「稲妻」という意味。スペイン統治時代には山頂で火を燃やし、航行する船の安全を見守る灯台の役目を果たしていた。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラムラム‐さん【ラムラム山】

Mount Lamlam》マリアナ諸島、グアム島南西部の山。標高406メートルで同島の最高峰。名称はチャモロ語で稲妻の意。日本軍占領時代には大宮山とよばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラムラム山の関連キーワードセッティ湾展望台グアム[島]

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android