コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラメート族 ラメートぞくLamet

世界大百科事典 第2版の解説

ラメートぞく【ラメート族 Lamet】

ラオス北西部の山岳地帯に分布する人口6000余りの少数民族アウストロアジア語族のモン・クメール語族に属するラメート語を使用している。1年耕作した土地を12~15年休閑地にする方式の焼畑耕作を行い,もち米,アワ,キャッサバタロイモヤムイモなどをつくっている。山間の平地に平均14~15戸の集村をつくる。村落中央の広場には男子用集会所が設けられる。焼畑耕作の作業は共同で行い,土地はすべて共有になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラメート族の関連キーワードモン・クメール語族

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android