ラメート族(読み)ラメートぞく(英語表記)Lamet

世界大百科事典 第2版の解説

ラメートぞく【ラメート族 Lamet】

ラオス北西部の山岳地帯に分布する人口6000余りの少数民族アウストロアジア語族のモン・クメール語族に属するラメート語を使用している。1年耕作した土地を12~15年休閑地にする方式の焼畑耕作を行い,もち米,アワ,キャッサバタロイモヤムイモなどをつくっている。山間の平地に平均14~15戸の集村をつくる。村落中央の広場には男子用集会所が設けられる。焼畑耕作の作業は共同で行い,土地はすべて共有になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android