コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランガルト Langgard, Alexander

2件 の用語解説(ランガルトの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ランガルト Langgard, Alexander

1847-1917 ドイツの薬学者。
1847年9月25日生まれ。明治8年(1875)来日し,東京医学校(東大医学部の前身)で製薬化学をおしえる。「日本薬局方」の編集にかかわり,ドイツ語の原案をつくった。14年帰国。1917年11月8日死去。70歳。ハンブルク出身。ベルリン大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランガルト
らんがると
Alexander Langgaard
(1847―1917)

ドイツの薬学者。明治の薬学外国人教師。ハンブルク出身。ベルリン大学のリーブライヒOscar Liebreich(1839―1908)の下で薬理学を専攻、学位を得て、秀才の名を高めた。1875年(明治8)27歳で日本政府より近代製薬学教育指導に招かれ、人材育成に6年間精勤して、東京大学薬学部の基礎確立に貢献した。月給300円のほかに医学校の薬理学を兼務して50円増、これは参議(大臣)と同額であった。その間、日本産ハシリドコロ、烏頭(うず)のアルカロイドを発見、初めて薬理試験を行い、日本の薬理学部門の先駆をなした。また初版『日本薬局方』編纂(へんさん)に参与し、ドイツ文原案作成に寄与した。1881年帰国に際し、明治天皇に拝謁、勲四等を賜る。帰国後、ドイツでも日本における功績は高く評価された。リーブライヒと共同の薬理研究所教授となり、研究と著述に専念した。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ランガルトの関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車上条嘉門次三菱A型文学革命笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学野口小蘋一立斎文車

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone