ランフランコ(英語表記)Lanfranco, Giovanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランフランコ
Lanfranco, Giovanni

[生]1582.1.26. パルマ
[没]1647.11.30. ローマ
イタリアの画家。アゴスティーノ・カラッチに師事し,パルマの大聖堂のコレッジオの作品から影響を受けた。ローマのサン・アンドレア・デラ・バッレ聖堂ドームの壁画 (1621~25) は,コレッジオ風の雲に浮ぶ人物像を描いたもの。 1633~46年ナポリで活躍。同地の大聖堂のサン・ジェンナロ礼拝堂のドームの壁画 (41~46) を制作した。ドメニキーノの競争相手として知られ,その作風は南イタリア,スペインにまで及んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ランフランコ【Giovanni Lanfranco】

1582‐1647
盛期バロックを代表するイタリアの画家。別称ジョバンニ・ディ・ステファーノGiovanni di Stefano。パルマの近くのテレンツォで生まれる。カラッチ一族のもとで絵を学ぶ。1602年ローマに赴き,ピエトロ・ダ・コルトナやグエルチーノと並ぶ画家に成長。ローマのサン・タンドレア・デラ・バーレ聖堂やナポリ大聖堂のサン・ジェンナロ礼拝堂などに天井画を残し,そのイリュージョニスティックな作品は,後世の模範となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のランフランコの言及

【モデナ】より

…1860年,サルデーニャ王国に統合された。【萩原 愛一】
[美術]
 ロマネスク様式の大聖堂(サン・ジェミニアーノ)は,ロンバルディアの建築家ランフランコLanfrancoの下に1099年に起工された。献堂は1184年。…

【ボローニャ派】より

…古い大学都市ボローニャは,13世紀の写本彩飾画にさかのぼる優れた美術的伝統を有するが,普通〈ボローニャ派〉という場合には,ボローニャで学び新様式を確立してイタリア美術に主導的役割を果たした16世紀末から17世紀前半にかけての一群の画家をさすことが多い。 彼らはいずれもボローニャでカラッチ一族のアカデミア(1582設立)に学び,そのおもだった者,すなわちレーニ,アルバーニ,ランフランコドメニキーノらはアンニバレ・カラッチに倣って1600年ころローマに出,教会堂,宮殿の大規模なフレスコ装飾,宗教的・神話的主題の油彩画を手がけ,アンニバレのあとを受けてローマ画壇の主流をなした。ただし,30余年にわたりローマで活動したドメニキーノとランフランコを別とすれば,ボローニャ派のローマ滞在は短期かつ断続的である。…

※「ランフランコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランフランコの関連情報