ランプ議会(読み)らんぷぎかい

  • Rump Parliament

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスのピューリタン革命において、プライドの追放後、残った議員から構成された議会。残部議会ともいう。第一次内戦の開始によって議会はすでに半数余りの議員を失っていたが、追放の結果さらに減り、事実上わずか70名たらずの議員を残すのみとなった。この議会はただちに国王の犯罪を裁判する特別裁判所を設置し、1649年1月、ついに国王を処刑した。その後ランプ議会は解散せずに補欠選挙によって議員を補充しつつ、3月には共和制を宣言して貴族院を廃止し、続いてアイルランド、スコットランド征服に乗り出した。しかし、軍隊と議会の対立は依然解消せず、1653年4月、ランプ議会はクロムウェルの率いる軍隊によって実力をもって解散させられたが、1659~60年に一時復活した。(書籍版 1988年)
[小泉 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のランプ議会の言及

【長期議会】より

…内乱において議会は,軍事・行政・財政の機構を整え,革命派の中央機関として機能した。しかしやがて長老派と独立派の抗争の舞台となり,48年12月,軍隊をおさえた独立派によって長老派議員は追放され(プライド・パージ),当初500人ほどあった下院の構成員はわずか60人ほどになり,ランプ(残部)議会とよばれた。この議会が国王処刑を準備し,また一院制共和国の主体となった。…

※「ランプ議会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android