ラージプート族(読み)ラージプートゾク

デジタル大辞泉の解説

ラージプート‐ぞく【ラージプート族】

《〈ヒンディー〉Rājpūt》5世紀にラジャスタン地方に侵入、定住した部族集団。クシャトリヤの子孫と自称し、8世紀後半から13世紀後半にかけて北インド各地に小王朝を形成。イギリス支配下では藩王国として存続した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ラージプート‐ぞく【ラージプート族】

〘名〙 (ラージプートはRājpūt) 五世紀半ばに中央アジアから、北西インドに侵入し、その後インド化して、王朝を建てるなど消長の歴史をもった種族。その間、反イスラムを貫いた。一六~一九世紀の、ラージプート絵画が名高い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android