コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リオ・ティント Rio Tinto Plc.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リオ・ティント
Rio Tinto Plc.

イギリスとオーストラリアに並列組織をもつ鉱工業持株会社。 1962年リオ・ティントとコンソリデーテッド・ジンクが合併して設立されたリオ・ティント・ジンク,05年に設立されたオーストラリアの CRA社が 95年に対等合併して設立された。業務内容は北米,大洋州を中心に,世界各地で探鉱,各種金属とエネルギー用鉱物の販売を手がける。売上構成比は鉄鋼石 12%,工業用鉱石 20%,銅 25%,アルミニウム 16%,石炭 17%,金その他8%など。生産量は鉄鋼石 5450万トン,工業用鉱石はホウ酸 58万トン,二酸化チタニウム 144万トン,銅 76万トン,アルミニウム 38万トン,石炭 828万トン,金 75万オンス。年間売上高 92億 1200万ドル,総資産 166億 7400万ドル (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リオ・ティント
りおてぃんと
Rio Tinto

世界大手の鉱物資源企業グループ。イギリスに本拠を置くRio Tinto plcと、オーストラリアに本拠を置くRio Tinto Ltd.の2社による二元上場会社。1995年設立。
 1873年にスペイン南部のリオ・ティント銅鉱山の開発を目的に設立された英国資本であるRio Tinto Co.と、1905年にオーストラリアの鉱業都市ブロークン・ヒルBroken Hillでの亜鉛鉱山の開発を目的に設立されたオーストラリア資本であるConsolidated Zinc Corp.の2社が、1962年に合併し、イギリスにRio Tinto-Zinc Corp.を設立、オーストラリアにConzinc Riotinto of Australia Ltd.を設立した。両社はその後社名変更され、Rio Tinto-Zinc Corp.はRTZ Corp.に、さらに二元上場会社として統合後の1997年にRio Tinto plcとなった。Conzinc Riotinto of Australia Ltd.の社名はCRA Ltd.に、さらに1997年にRio Tinto Ltd.となった。
 オーストラリアと北米を中心に、ヨーロッパ、南米、アジア、アフリカでも事業を展開している。2007年にカナダのアルミニウム大手のアルキャンAlcan Inc.を買収し、子会社リオ・ティント・アルキャンを設立したことにより、アルミニウム生産が世界一となった。鉄鉱石、石炭、銅、ウラン、ダイヤモンド、チタンなど多種類にわたる鉱物の採掘・生産を行う。
 2010年の売上高は約603億ドル、純利益は約143億ドル、従業員数は世界40か国で約6万人であった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リオ・ティントの関連キーワードリオ・ティント・アルキャンコーラス・グループナミビアペシネートタル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リオ・ティントの関連情報