コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リマソル Limassol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リマソル
Limassol

ギリシア語ではレメソス Lemesós,トルコ語ではルマソル Lımasol。キプロス中央南部海岸,アクロティリ湾にのぞむ港湾都市。同名地方の行政中心地でもある。ビザンチン時代に,イギリスリチャード獅子心王が上陸したこともある古い都市であるが,15世紀から 16世紀にかけて数多くの敵の侵入や地震などのため,一時非常に衰退した。 19世紀末にイギリスの統治下に入って,町は再興された。 1960年代に港湾施設が改修され,近代的設備を整えた貿易港として,柑橘類,ワイン,鉱産物を輸出するが,ハイファ (イスラエル) ,イスタンブール (トルコ) ,アテネ (ギリシア) などの地中海沿岸都市と定期便で結ばれ,観光基地となっている。海岸にはホテルや旅行案内所が並び,公園,動物園,リマソル城 (15世紀) などがあり,付近にはフェニキアミケーネの古代植民都市の遺跡がある。農産物の集散地でもあり,煉瓦,タイル,ボタン,清涼飲料水,果物缶詰の工場があり,クロム石綿の加工も行われる。人口 13万 2100 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リマソル

キプロス南部の港湾都市。ギリシア名はレミソス。アクロティリ湾に臨み,ブドウ酒豆類の貿易が盛ん。英国のリチャード1世の結婚式が行われたとされる城砦(じょうさい)が残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リマソル【Limassol】

キプロス南部の港湾都市。ギリシア名レミソスLemissós。ニコシアの南西65km,地中海のアクロティリ湾に臨む。人口14万3000(1994)。豆,ブドウ酒,干ブドウ,石綿,クロムを産する。ブロック,タイル,果物缶詰などの工場が立地する。西部のエピスコピにはイギリス軍基地がある。古代フェニキア人,ミュケナイ人が植民し,十字軍時代,エルサレムに向かう途上キプロスを征服(1191)したリチャード1世が,ナバラ王国の王妃を迎えた地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リマソル
りまそる
Limassol

キプロス南部、アクロティリ湾に臨む港湾都市。ギリシア語名でレメソスLemess、トルコ語名でレイモスンLeymosunともいう。首都ニコシアに次ぐキプロス第二の都市で、人口19万6553(2001)。キプロス最大の貿易港で、ぶどう酒、果実、野菜などを輸出し、れんが、タイル、織物、セメントなどの工業が立地する。第3回十字軍(1190~92)に参加したイングランド王リチャード1世が、ナバラのベレンガリアと結婚式をあげたという城砦(じょうさい)の教会は現在博物館となっている。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リマソルの関連キーワードリチャード[1世]レメソス城カコヤニスグリバスラルナカ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リマソルの関連情報